Developers.IO 2019 Tokyo行ってきました!!

こんにちは、k.miuraです。HITO-Link CRMの中の人です。
アーキテクチャ設計したり、酒を飲んだりしています。
最近Twitterも始めました!(@crmruketa)

先日開催されたDevelopers.IO 2019 Tokyoに行ってまいりましたので、その聴講したセッションの内容とかを共有したいと思います!!

全体感


今年はベルサール日本橋での開催でした。
去年はたしか秋葉原UDXでした。箱としてどっちが大きいのか知りませんが、年々盛り上がってきてる気がします。部屋数も多分増えたんじゃないかと。
クラスメソッドさんはアウトプットファーストを行動指針に掲げているだけに、このイベントにかける熱量がすさまじかったです。
懇親会も最後の一瞬だけ顔出したのですが、来場者よりクラスメソッドの中の人たちの方が多いんじゃないかってぐらい、運営のシャツを着た人がたくさんいて、熱い議論を交わしていました!
HITO-Linkもこういうイベントや情報発信がもっとできるようにしていきたいですね。

公式サイトのセッションまとめ
https://dev.classmethod.jp/report/developers-io-2019-tokyo-summary/

 

セッション紹介

自分が参加したセッションの内容を簡単に紹介していきたいと思います。(小並感)
書き始めたら長くなりそうだったので、泣く泣く厳選・・・
どれもいいセッションだったので、ぜひとも公式ブログで記事をチェックしてくださいな・・・

 

カルチャービルディング~世界最強のAWSエンジニア集団の作り方~

クラスメソッドさんの実例をもとにして、カルチャービルディングの進め方を学びました。

  • フェーズ1

最初期は、部の理念、行動指針、人事考課の仕組み、給与基準、給与適正化、採用基準を整える。
特に理念と行動指針はその組織の色を決めるから重要だなと再認識しました。
ちなみにクラスメソッドさんの行動指針は「セルフマネジメント」「アウトプットファースト」です。
傍から見ても、「なるほどだからこういう組織なのか~」という納得感があります。
ここまで説得力を持たせられるほど行動指針がメンバーに浸透しているってすごいことだと思います。

  • フェーズ2

組織拡大のフェーズでは、組織構造のリデザイン、情報共有のデザイン、コミュニケーション設計、ミドルマネジメントの育成、キャリアパス設計を進めていました。
マネージャーはあくまでただの役割で偉いとか上下関係とかは無いっていう話は共感度高かったです。
マネジメントもチャレンジしてみて、うまくいかなければメンバーに戻ればいいという文化作りもいいなと思いました。

  • フェーズ3

さらなる組織拡大フェーズ、社員数300人規模になった段階では、360度評価制度の導入、人事部の設立、カルチャーの明文化を実施しています。
特にカルチャーをきちんと明文化すること、つまり暗黙値を形式値にしていくことの重要性を強調されていました。


カルチャーをきちんと言葉にして共有することで強化していく。
HITO-Link部でもなんとな~くのHITO-Linkらしさとか、組織のこういう雰囲気好きだよね~というのはあるんですが、
それをきちんと組織の理念と結びつけて、明文化されたカルチャーとして掲げていくことが必要だなと思いました!!
今後いい取り組みができたら発信して行きたいと思います。

 

Bolt を使った Slack 連携アプリの開発からデプロイ・運用まで超入門


HITO-Linkのプロダクトでも実装を進めておりまするSlack連携!
そんなSlackの最新featureをSlackJapanさん直々の講義で教えてもらいました!超感激!


最近のアップデート気になったやつ抜粋

  • ノンコーディングで定型的なワークフローを自動化できちゃうワークフロービルダー

既存のSlackアプリとかと組み合わせるとかなり強力そうな予感。
組織運用系のちょとした事務作業とかにも活用できれば楽になりそう!

  • モーダルUI

ダイアログの進化系といった感じです。ダイアログのUIはある程度限定的だったのですが、
モーダルUIでは、BlockKitを使って自由にUIをカスタマイズできるのでかなりやれることが増えました。

  • Homeタブ

SlackアプリのチャンネルにHomeタブが追加できるようになりました。
Homeタブの表示内容もBlockKitで自由にカスタマイズできます。
これ・・・・・・ものすごい機能なんじゃないでしょうか・・・?!
本気を出せばFrontendを自分で作りこまずに、SlackとBackendのアプリだけで色々作れちゃうのでは?!
HITO-Link CRMでも登録されてるカード情報をHomeタブで一覧できれば、だいたいの作業はアプリにログインしないでSlack上だけで完結できるのでは~と今から妄想が広がっています。

本題→Boltの紹介
BoltはSlackアプリのフレームワークです。
node.js×TypeScriptで実装されてます。
InteractiveComponentsとかEventSubscriptionといったSlack連携の処理を簡単に実装できちゃいます。
またSigningSignatureの検証といった共通的な処理もよしなにやってくれるのがうれしいところ。
何よりSlackの機能アップデートのスピードがかなり速いので、こういった公式のフレームワークを使いこなさないと、
そのスピード感についていけないな、というのを感じました。
みんなでBoltを使い倒して最速Slackアプリを使いこなし人材になりましょう!

 

以上です!
毎年規模が大きくなり、どのセッションも気合いの入った熱いものになってました!
2020開催もあるらしいので、みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか!